ブロードバンド物件は二極化している!?オーナーの意図を考慮しよう


管理費が高いブロードバンド物件はオーナー一括契約

ブロードバンド物件には、最初からオーナー負担で光回線が契約済みとなっているタイプと契約は各自行うタイプの2種類があります。このうち、オーナー負担で光回線契約がされている場合には、管理費に実質的なインターネット料金が含まれている可能性をチェックしましょう。目安として周辺の管理費相場よりも3,000円程度高くなっていた場合には、管理費にブロードバンド回線料金が実質的に含まれています。しかし、個別にインターネット契約をするよりも割安に使えることが多いので、少なくともスマートフォンを持っていて無線LANルーター設置予定ならば割安感が出やすいです。ネット回線が不調な場合には、管理会社経由で連絡すれば良いのでコールセンターでイライラ待たされる心配がありません。

ワイヤレス方式のブロードバンド物件は速度に注意

ブロードバンド対応を謳う賃貸物件の中には、単身者向けにワイヤレス方式のインターネット回線を用意した物件があります。集合住宅の一部分にオーナーが用意したインターネット回線が設置され、各部屋までは無線LAN方式で専用機器から電波が出るようになっている仕組みです。入居者専用に用意されたIDとパスワードを設定すれば使えるので、入居当日から使える利便性の高さがあります。一方、注意しなければならない点として、ワイヤレス方式の場合には無線アクセスポイントからの距離と壁の枚数により速度差が出やすい点です。管理費に含まれていて費用が割安なために気にならない人も多いですが、内見時にワイヤレス方式のブロードバンド回線は速度がどのくらい出ているのか不動産屋に聞いてみると良いでしょう。

琴似の賃貸とは、北海道札幌市西区琴似にある、他人に貸し出すことを目的としている建物のことを言います。