確実に知っておきたい賃貸物件の探し方とは


費用で選ぶときに気をつけたいこと

賃貸物件を選ぶ場合には、どれぐらいのお金がかかるか気になるところです。毎月の家賃もそうですが、特に初期費用がどれぐらいになるかは多くの人が注目するべき点です。通常は、毎月の家賃の5倍から6倍程度のお金が初期費用でかかるでしょう。その内訳を見ていくと、敷金や礼金以外にも仲介手数料そして鍵にかかる費用等があります。初期費用が安ければ、最初の段階で負担は小さくなりますがそれだけで決めてはいけません。

気をつけておきたいのは、更新費用がどれぐらいかかるかです。初期費用は若干高いけども更新費用が全く必要のない物件も存在するため、総合的に見ておくことが重要になるでしょう。ちなみに、ペットを飼う場合には敷金が2倍になることが多いため初期費用が高くなりがちです。

建物の周りはどのようになっているか

不動産会社に行き物件の情報を見るとき、駅からの距離や家賃がどれぐらいになるかそして間取り等を気にするのが普通ですが、それ以外に気にしておかなければならないこともあるでしょう。その1つが、建物の周りの環境になります。いくら駅から近くて賃料はそれほど高くなかったとしても、繁華街がすぐ近くにあり週末の夜になると人の声などでうるさくなってしまったとすればあまり良い環境とは言えません。そのため、建物の周りをよく確認しておくことが重要です。地図上でも確認することが可能ですが、実際に現地に訪れて自分の目でよく見ておく必要があります。それ以外では、工場などが近くにあると大きな音が響き渡ることもあるでしょう。平日昼間の時間帯に行けるならば、ぜひ確認をしておきたいところです。

札幌の賃貸は、家賃が安ければ中には断熱材など防寒対策ができていない物件があります。多少家賃は高くても防寒対策が出来ていると燃料代がかなり節約できるので結果として防寒対策ができている物件が安くなります。