よく考えて設計しよう!家族構成と間取りの関係


間取りを考えるうえで重要な家族構成

注文住宅は、建売住宅とは異なり、自分で間取りや盛り込みたい設備を選んで作っていくことができます。住宅の購入は、安い買い物ではないため、多くの人々がこだわりを盛り込んで注文住宅の依頼をするのですが、この際注意するべきことが、家族構成をしっかりと考慮したうえで間取りを考えるということです。理想ばかりが先走ってしまい、設計・デザインをして建ててしまうと、家族構成や実用性に欠け、だれにとっても暮らしにくい住宅となってしまいます。また、注文住宅の設計をする際には、建てるその時の家族構成ではなく、10年後、20年後に家族構成がどのように変化するかも、希望と予想を込めて考えなければ、長く住み続けることが難しくなる可能性が高いです。

家族構成とおおよそ必要となる間取り

家族構成と注文住宅の際の間取りの設計・デザインには大きな関係があります。家族構成と一口に言っても、様々な形態があります。独身の場合もあれば、夫婦、夫婦と子ども、2世帯などが主なものです。これらの家族構成によって、理想的で適切な間取りというものが異なるので、おおよその間取りを知っておくと便利です。独身の人にとって、空間の広さなどを考慮して快適に暮らすことができる間取りは、2LDKが一般的と言われています。しかし、持ち物が多い人や収集癖のある人などは、独身であっても収納を多く取り入れた3LDKが必要となるでしょう。

独身ではなく、結婚して夫婦となっていたり、同居する人が決まっていたりするのならば、生活スペースに変化はなくとも、収納場所を広くとらなければなりません。2人以上の子どもがいる世帯ならば、4LDK以上、2世帯ならば独立して生活できる間取りが必要です。

理想通りのマイホームを愛知の注文住宅でと考えているなら、愛知県内で多くの注文住宅を建てている工務店にまずは相談してみましょう。