自由度が高い!在来工法のメリットをチェック


伝統を引き継いだ家づくり

注文住宅であれば自分で工法を選ぶことも可能です。色々な工法がありますが、日本で古くから行われてきた工法を発展させたものが「在来工法」です。柱と梁を組み合わせて建物を組み立てていくという工法で、木造軸組構法とも言われています。以前は他の工法と比べると地震のときに揺れやすいと言われていましたが、最近は金物などが進化したことで在来工法でも耐震性は高くなっています。日本の伝統的な工法ということもあり、日本の風土に合った家が作れるとして在来工法は見直されているようです。

間取りを自由に決められる

在来工法は間取りを自由に決められるというメリットがあります。現在、一般住宅の主流となっているツーバイフォー工法は壁や床という面で組み立てていくので、壁を抜いてしまうと家の強度が落ちてしまうというリスクがあります。一方、在来工法は壁と床で家を支えるのではなく、柱と梁で構造を組み立てるので壁を取り除いても、強度が落ちるという心配がありません。ツーバイフォー工法よりも間取りの自由度が高いというのは、在来工法の大きな魅力です。

リノベーションが比較的簡単に行える

注文住宅を建てた場合、ほとんどの人がその家に一生暮らすことになるでしょう。長く生活することになるマイホーム、家族構成の変化や老朽化によってリノベーションが必要となるケースも考えなければいけません。梁と柱で家を支えている在来工法は、のちのちリノベーションがしやすいというメリットもあります。間取りの変更や増築、減築も可能です。長く住む家として注文住宅を依頼するのであれば、リノベーションのことも考えておいたほうが良いでしょう。

横浜の注文住宅には、一から作るフルオーダー住宅と、基本的な仕様が決められているセミオーダー住宅の2種類があります。住宅展示場や住宅見学会などに行くと、実際の建物を体感できます。