担当者の対応が雄弁に物語る注文住宅業者の質と姿勢


あふれる関連情報以上に担当者に着目を

注文住宅の発注先の選択に際し、ぜひ実践をおすすめしたいのが、あくまで自分自身の感性を最優先する判断と姿勢です。端的に表現すれば「注文住宅選びイコール担当者選び」であり、担当者がその業者の「顔」である事実は、注文住宅業者に限らず、あらゆる業種に共通しています。問い合わせからの質疑応答段階の対応がそのまま、現地での施工作業の質であり、完成する夢のマイホームの出来栄えを雄弁に語っています。たとえば注文住宅の相談に足を運んだところ、担当者が立て板に水のごとく一方通行で延々と熱弁を振るうばかりで、意思疎通に至ることができなかったケースが多数伝えられています。また自分たちの要望を片っ端から一刀両断で却下から、巧みな話術で業者側が主導権を強引に握る、過剰な営業トークに呆れてしまったなどの体験談も、残念ですが説得力十分です。

ポイントはしっかりと聞いてくれる業者であること

施工業者の初期段階での顧客対応は、そのまま施工現場での職人の作業姿勢を反映していると推察できます。建物が完成して念願のマイホームで暮らし始めてから、工事期間中にご近所に及んでしまった迷惑の数々を知る展開となれば、快適な新生活に暗雲が垂れ込めてしまいます。注文住宅造りはゼロの状態から、施主である顧客の意向にしっかりと耳を傾け、専門家の立場から一緒にプランを煮詰め、それを三次元の建物という「形」とする作業です。初対面の段階から顧客の話を受け止められない担当者であれば、その他の条件がどれだけ魅力的と感じられたにせよ、その後のリスク回避を選択するのが賢明です。焦らずベストな業者探しを続ける姿勢が、結果としてより満足できるマイホームライフにつながります。

2000万の家」は、贅沢をしないのであれば自身のライフスタイルに合った家を建てる事が十分可能な金額の家であるといえます。