賃貸オフィス選びで見過ごしがちなポイントをご紹介


基本的な賃貸物件情報以外にも着目を

企業の新たな拠点として、あるいは起業家の本社として、そして大切なスタッフが快適に効率良く仕事と向き合える空間として、賃貸オフィスが担う役割は重要であり、未来を左右すると言っても大袈裟ではありません。希望する条件をより確実に満たす、理想的な物件の確保が最重要課題に他なりませんが、ここで多くの方々が見落としがちなポイントとして、テナント物件自体や交通アクセスなど、斡旋業者が不特定多数に対して最初に配信している情報「以外」の部分があげられます。建物全体を含む間取りや設備面、最寄り駅への距離など、基本的な部分のチェックが十分なのに対し、いわゆる周辺環境の確認をおろそかにしたまま契約してしまい、後悔先に立たずとなってしまう事例が少なくありません。周辺環境や近未来に向けての開発計画など、確認すべきポイントを踏まえた総合的な検討をおすすめします。

具体的な要チェックポイントとは

賃貸オフィス契約に際し、必ずチェックいただきたいポイントとして、自社スタッフがいわゆる「ランチ難民」とならない、近隣の飲食店の営業状況があげられます。日中人口に対して食事の供給能力が絶対的に不足している立地条件の場合、仕事の効率への悪影響が避けられません。自社スタッフが休息時間に十分鋭気を養える職場環境を整え、作業効率をアップさせるうえでも、こうした部分のチェックが不可欠です。また中長期的な近隣の開発に伴い、たとえば数年後に道路事情が大きく変更される、隣接する建物の大規模な建て替え工事の予定があるなども、自社業務に二次的な影響が想定されます。こうした情報の収集に関しては、信頼できる賃貸テナント物件斡旋業者への確認作業をおすすめします。

オフィス街だけでなく、ショッピングエリアなど様々な施設が集まる中央区は国内でも非常に人気が高い場所の一つです。賃貸オフィス 中央区は、便利さだけでなくステイタスが高いという点からも人気があります。