マンションを購入する時に気にしておきたい選び方とは


中古と新築のどちらがよいか

マンションを購入するならば、中古のマンションと新築のマンションのどちらがよいか迷うところです。まず中古のマンションの魅力としては、比較的安い金額で手に入れることができる点です。最近は、安い金額で購入して、自分たちの好みの内装にリフォームやリノベーションする人が増えてきています。もし、理想とする形がある場合にはあえて中古の安価なマンションを購入して好みの形にしてみるのよいかもしれません。

これに対して、新築マンションはこれから長期的に住む人にとっては良い環境と言えます。また、長期的に住まない場合でも、売却することを将来的に考えているならば高い金額で売ることができる可能性も高くなります。さらに、設備が最新の可能性も高く満足度も高くなりやすいです。

間取りをどのように考えるか

家族で住む場合には、マンションの間取りはとても重要になります。基本的に、3LDKが多い傾向にありますが、3LDKの魅力は部屋が広い点です。それぞれの部屋が広いため、部屋の数は少ないものの家族の人数自体が2人から3人の場合には一人一部屋でも十分満足して暮らすことが可能になります。また、3LDKはどこにでもあるため選ぶ時に苦労しないのもメリットの一つと言えるでしょう。

一方で、4LDKのマンションもありますが、家族が4人以上の場合には便利になります。子供が2人いる場合には、将来的に別々の部屋にしたいと考える家庭もあるでしょう。このようなときに、部屋がリビング以外に4つあればそれぞれ子供に部屋を分け与えることも可能です。

宇都宮のマンションを住む場合は、大通り地区内に位置する「大通り1丁目交差点」付近の物件がおすすめといえます。なぜなら、宇都宮駅・東部宇都宮駅の中間に位置していて両駅を利用しやすいからです。