賃貸物件の初期費用が高いので引越しができない!?


賃貸物件の初期費用が高すぎる!

賃貸の部屋を借りるときは、何かと初期費用がかかります。敷金や礼金、仲介手数料や前家賃、おまけに引越し料金、家具や生活用品の購入など、かなりの出費を覚悟しなければなりません。その費用を捻出することが難しいため、引越や一人暮らしなどを諦める人もいるでしょう。それほど、賃貸物件の入居はハードルが高いものとなっています。

賃貸物件の初期費用が高いと思うならゼロ物件が便利

しかし、どうしても賃貸住居を探さなければならないときは、できるだけ費用が安いところを探したいですよね。そんなときは、敷金や礼金のゼロ物件に注目してみましょう。敷金と礼金のどちらも無料の物件をゼロゼロ物件と呼びます。インターネットの賃貸情報サイトで条件を指定して検索できる場合、ゼロ物件などで調べてみましょう。通常は、契約時に支払う敷金や礼金が不要な物件が見つかります。それなら、入居にあたって必要な初期費用をかなり抑えることができるでしょう。

ゼロ物件は修理費がタダになるわけではない!

とはいっても、敷金がゼロという場合のからくりに気をつけなければなりません。通常は、入居時に家賃の月額の1カ月分や2カ月分を大家に預けることがほとんどです。退去をして引き払う時に、預けておいた敷金の中から退去時に原状回復費用として修理代や清掃代を差し引いて精算することになります。それに対して、敷金ゼロ物件の場合は、退去時に修理代や清掃代を支払うことになります。つまり、先にある程度の金額を預けておくか、請求の後に支払うかという違いだけです。最初に預ける敷金がゼロだからといって、入居者が負担する金額がゼロではないことに気をつけましょう。とはいえ、最初に全額を支払わなくて良いゼロ物件は、初期費用を用意できない人にとっては優れたシステムですね。

旭川の賃貸住宅は、賃料が2万円に満たない安価な住宅でも、最初にペット用の礼金を支払う事でペットの飼育が可能な所が複数あります。