注文住宅で気をつけたいキッチンの選び方とは?使いやすいキッチンを選ぶために


キッチンが合わない家庭は大変

せっかく注文住宅が完成して、ワクワクしながら引っ越しをしたのにいまいちキッチンの使い勝手が良くない、そうなったら気持ちも沈んでしまいます。キッチンは見た目ばかりを優先してしまいがちですが、きちんと使い勝手も考えておかないと深く後悔することになりかねません。代表的なのは、キッチンの高さが合わないという悩みです。最もキッチンを利用する人に合わせるとよいでしょう。高さが合わないと、無理な姿勢で作業をするようになったりと、腰を痛める原因にもなりかねません。

キッチンは動線を考えて設計する

キッチンの設計は、動線を考えて行うことが最も大切です。動線とは、キッチンを利用している間に動くラインのことで、これがジグザグだったりどこかへ行ったり来たりしているようでは快適性の高いキッチンとは言えません。冷蔵庫から食材を出して、調理を行い、盛り付けをする、この一連の流れをスムーズにできるようなキッチンを購入しましょう。特に冷蔵庫を置く場所は最初に決めておいて、キッチンの形を考えやすくすることが大切です。

その他の注意ポイント

キッチンの素材もこだわることをおすすめします。大理石やステンレス、タイルなど、キッチンの素材は意外と豊富でありそれぞれに特徴があります。キッチンを一つのインテリアとして考えるのか、それとも実用性第一に考えるのか、まずはそこから考えてみましょう。また、近年では見た目も優れているステンレスキッチンも増えています。その点を考慮すると、ステンレスが一歩リードしていると言えなくもありません。

注文住宅は建て主が望むデザインや間取りに出来るのが魅力です。マイホームで個性を演出出来ますが、建材の多くは特注品になるので施工費用が割高になる傾向があります。